水槽付消防ポンプ自動車が更新されました【京極支署】

 消防署京極支署では、平成2年から約31年間運用してきたタンク車に代わり、少量の水で高い消火性能を有する、圧縮空気泡消火装置(CAFS:キャフス)を搭載したタンク車を新しく配備し、職員訓練などを重ね3月30日より運用を開始いたしました。
 CAFSとは、水に少量の消火薬剤を加え、そこへ圧縮空気を送り込むことにより発泡させる装置で、泡を放水し水の表面積を広げることで効率よく消火することができます。
 その他にも電動救助器具等を積載し様々な災害に対応できるタンク車となっております。

このページの情報に関するお問い合わせ先

羊蹄山ろく消防組合 京極支署

電話:0136-42-2303