救急訓練用資器材が寄贈されました。

倶知安

 令和3年10月29日に梅田凉子様(井手友恵氏)から、救急訓練用資器材が寄贈され、11月2日に感謝状の贈呈式を行いました。同氏からは令和元年にもAEDを寄贈されています。
 寄贈された資器材は、救急救命士が行う静脈路確保の手技を向上させるためのもので、“血管を探して針を刺せる”模擬血管の触知感触にこだわったトレーニングキットです。
 この資器材を活用し、静脈路確保の成功につなげ救命率の向上を目指します。

このページの情報に関するお問い合わせ先

羊蹄山ろく消防組合 倶知安消防署

電話:0136-22-1089